メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

難しい判断、来季も=杉山愛

 <遊戯三昧(ゆげざんまい)>

 今年は新型コロナウイルスの影響でテニスのツアー大会が春からストップし、テニス界にとっても大変な1年だったと改めて実感している。選手はいつツアーが再開されるか分からない中で過ごし、モチベーションを保つことが難しかったと思う。

 世界を回るテニスツアーは年明け早々から始まる。毎週試合があるのは当たり前だ。オフは1カ月ぐらいしかない。多くの選手にとって、けが以外で半年近くも試合をしないシーズンを過ごしたことは、これまでなかったはずだ。

 コロナ下でも欧州では選手を隔離するなどの感染対策を講じながら大会を再開させていたが、アジアでは再開できなかった。感染が収束する見通しが立たない上に各国でも感染状況は違う。2021年も1月に開幕する予定だった4大大会の全豪オープンが2月に延期されるなど、既に影響が出ている。うまく調整しながら、どの大会に出場するか。こうした難しい判断は来季も続くと思う。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです