DHC差別文章、審査を申し立て 大阪のNPO

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 化粧品メーカーの「DHC」(東京都港区)が自社のホームページ(HP)で在日コリアンを差別する文章を掲載したとして、在日コリアンらでつくるNPO法人「コリアNGOセンター」(大阪市)が28日、ヘイトスピーチ抑止を目的とした大阪市条例に基づき審査を始めるよう市に申し立てた。

 DHCは11月、創業者の吉田嘉明会長名の文章を公開した。サプリメント分野で競合する他社名を挙げて「CMに起用されているタレントはどういう…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

あわせて読みたい

注目の特集