メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脱炭素化~2050年の社会像

「電力幕藩体制」で続く原発依存 IT活用で脱却を 立憲・阿部知子衆院議員

立憲の阿部知子氏=国会内で23日

 菅義偉首相は10月26日の所信表明演説で2050年までに温室効果ガス排出を「実質ゼロ」とする目標を掲げた。その実現に向けた「グリーン成長戦略」では、原発再稼働を着実に進め、新型小型炉の開発を目指すことが盛り込まれた。原発依存から脱却できないのか。東京電力福島第1原発事故の翌年12年3月に発足した超党派の「原発ゼロの会」で、事務局長を務める立憲民主党の阿部知子衆院議員に聞いた。【聞き手・小山由宇】

この記事は有料記事です。

残り2227文字(全文2427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです