京都市が市民サービス削減へ 財政難で 敬老乗車証見直し、職員給与もカット

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都市役所=飼手勇介撮影
京都市役所=飼手勇介撮影

 京都市の門川大作市長は28日、市役所で記者会見し、深刻な財政難に陥った市財政を巡り、改革に向けた主な項目の「方向性」を公表した。高齢者向けの敬老乗車証の利用料見直しなど市民サービスの削減や、市主催のイベント事業を2021年度は原則休止・公費負担ゼロとすることなどが柱で、21年1月に詳細な改革事項を示す。財源捻出のため、職員の給与をカットする意向も表明した。

 市は従来、恒常的な財源不足を補うため、将来の借金返済に充てる「公債償還基金」(20年度当初で約1400億円)を計画外に取り崩すことで、負担を先送りにしてきた。しかし、新型コロナウイルス禍も背景に市財政の急激な悪化が見込まれ、市の試算では最短で26年度に基金が枯渇し、財政破綻を意味する「財政再生団体」に転落する恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文834文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集