トランプ一族経営ホテル 大統領より先に敗北認める? 就任式の週の予約受け付け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホワイトハウスと連邦議会議事堂の間に建つトランプ・インターナショナル・ホテル=米ワシントンで2018年12月、高本耕太撮影
ホワイトハウスと連邦議会議事堂の間に建つトランプ・インターナショナル・ホテル=米ワシントンで2018年12月、高本耕太撮影

 トランプ米大統領の一族が首都ワシントンで運営する「トランプ・インターナショナル・ホテル」が、来年1月の新大統領就任式の週の宿泊予約受け付けを始めた。トランプ氏再選を前提に半年前から一般の受け付けをやめ、陣営や共和党関係者のために部屋を確保していた。ホテル側は「大統領選に勝利した」との主張を続けるトランプ氏より先に敗北を認め、集客に乗り出した。

 客室数約260の同ホテルは、トランプ氏側近や党関係者の定宿。政権との関係構築を目指す企業経営者や外国政府関係者も多く利用してきた。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文538文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集