メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帰省ラッシュなき東京駅 新幹線乗車率10%以下も 5日まで全て空席あり

年末の帰省シーズンでも混雑が見られないJR東京駅の東海道新幹線ホーム=東京都千代田区で2020年12月29日午前9時32分、吉田航太撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染対策で政府が「静かな年末年始」を過ごすよう呼びかける中、本格的な帰省シーズンが29日、始まった。例年なら古里へ帰る客でごった返す東京駅の新幹線ホームも混雑はみられず、ラッシュなき年の瀬となった。

 東京都国立市の大学4年の男性(21)は大阪の実家に帰省した。今年は大学の講義も就職活動もオンラインだった。「GoToトラベルも止まったし、卒業旅行はなしかな。帰省先で友だちと会うのもはばかられるので、家でゆっくり妹に勉強を教えようと思う」と語った。生後5カ月の長男と夫と京都に向かった女性(32)は「出産時も面会制限で夫しか入れず、親類に息子を初めて会わせられる。このままだと息子が大きくなっちゃうので帰省を決めた」と話した。

 「1年ぶりに友だちと会えるのが楽しみ」とほほ笑むのはミャンマー出身の会社員(25)。2月に来日してから新型コロナの影響で一度も古里に帰れていない。この日は大阪にいる同郷の友人に会いに行くという。

 JR各社によると、東海道新幹線は、この日午後4時までに東京発で自由席乗車率が50%を超えたものはなく、10%以下も目立った。一部は名古屋出発時に60%になった。指定席は1月5日まで全ての日で空席がある状況という。東北、山形、上越、北陸の各新幹線も東京発の列車に混雑はなく、自由席乗車率は40%を超えなかった。【林田奈々、村上尊一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです