メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉の介護施設 感染後、持病ある2人死亡 病床逼迫で職員「現状は厳しい」

埼玉県庁=内田幸一撮影

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大で病床が逼迫(ひっぱく)する中、クラスター(感染者集団)が発生した埼玉県戸田市の市立介護施設で、感染した入所者の入院先が確保できない状態になっている。重症でも入院先確保が困難との説明を保健所から受けているといい、27日に腎臓に持病があった80代男性、29日にも持病がある別の80代男性の死亡が確認された。他の感染者も酸素マスクを付けて隔離されているという。

 施設職員の一人は29日、電話取材に「施設の医師が感染者の家族に説明し、重症化した場合に延命措置をしないなどの書面も交わしている。現状は厳しいです」と話した。

 この施設には現在89人が入所。17日以降、看護師や職員ら8人と入所者10人の感染が判明した。

 施設によると、県の保健所から、重症者でも入院先確保は大変困難な状況▽無症状の入所者は隔離待機となる――との説明を受けていた。27日に死亡した男性の家族からは「(容体が悪化した場合)救急搬送して延命措置を希望しない」との承諾を得ていた。職員がみとったという。29日に死亡が確認された男性の家族からは「容体悪化の場合の救急搬送」を要望されたが、職員が朝の巡回をした時点で既に死亡していた。

 県内の入院患者は28日現在751人で、病床使用率は61・1%。同日に記者会見した大野元裕知事は「(感染状況が4段階で2番目に悪い)ステージ3(感染急増)相当と考えざるを得ない」と危機感を示した。

 重症者用の病床使用率も50・5%。さいたま市内では27日、重症者を診ることがなかった軽症中等症病床がある医療機関の医師や看護師を対象に人工呼吸器管理の勉強会が開催された。自治医科大付属さいたま医療センターの讃井(さぬい)将満医師は「重症者用の病院に入るのが難しくなっている。医療資源は限界があるので、新規感染者を減らすしかない」と話す。【鷲頭彰子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです