特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

東福岡vs筑紫 記念大会で「福岡対決」実現 全国高校ラグビー・2回戦見どころ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東大阪市花園ラグビー場=本紙特約・中村真一郎撮影
東大阪市花園ラグビー場=本紙特約・中村真一郎撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第3日の30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合が行われる。記念大会で例年より12校多い63校で争う今大会は、1回戦からシード7校が登場し、いずれも順当に勝ち上がった。残りのシード校の東海大大阪仰星(大阪第1)は唯一初戦となる。

 優勝5回の東海大大阪仰星はスピードあふれる連続攻撃が持ち味。最長の39大会連続出場でセットプレーに安定感のある佐賀工の挑戦を受ける。前回大会準優勝の御所実(奈良)は、総合力の高い国学院栃木と対戦。報徳学園(近畿・兵庫)戦で見せた組織的な防御が機能するかが、ポイントになる。連覇を目指す桐蔭学園(神奈川)は、突破力のある日本航空石川の外国人留学生にどう対処するか、注目される。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1085文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集