メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ危機・克服のヒント

スーパーの将来像 新様式の生活提案を イオン北海道社長・青柳英樹氏 /北海道

イオン北海道の青柳英樹社長=札幌市白石区の同社本社で2020年12月11日午後2時8分、清水健二撮影

 ――新型コロナウイルス感染拡大で経済が落ち込む中、8月中間決算は過去最高の最終(当期)利益と好調でした。

 ◆コロナ禍で「消費者は不必要なものは手を出さない」という傾向がクリアになりました。その需要をつかんだことと、外出控えにより「まとめ買いをしたい」という志向に応えられたことが、大きかったと思います。

 ――需要をつかむのは難しかったのでは?

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです