新型コロナ 人混みを避け「幸先詣」 鹿島神宮にぎわう /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
年内に「初詣」を済ます参拝者でにぎわう鹿島神宮=茨城県鹿嶋市宮中で2020年12月29日、根本太一撮影
年内に「初詣」を済ます参拝者でにぎわう鹿島神宮=茨城県鹿嶋市宮中で2020年12月29日、根本太一撮影

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、人混みを避けて初詣を前倒しする「幸先詣(さいさきもうで)」が増えている。鹿島神宮(鹿嶋市宮中)でも29日、大勢の参拝者が破魔矢などの「初物」を買い求めていた。開運の祈とうを依頼する人も多く、神職らは慌ただしい年の暮れを迎えている。

 群馬県高崎市の工務店経営、藤原剛志さん…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文299文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集