メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会活動で内閣府表彰 介護予防サポーターさくら 桐生でボランティア /群馬

表彰状と盾を掲げる介護予防サポーターさくらの(左から)真尾すみ江さん、福島智会長、村田富子さん=群馬県桐生市広沢の桜木公民館で2020年12月24日、大澤孝二撮影

 地域で社会参加活動を積極的に行っているとして、桐生市のボランティア団体「介護予防サポーターさくら」が、2020年度の内閣府の「社会参加活動事例」に選ばれた。

 さくらの福島智(とも)会長(74)は「受賞を聞いてびっくりしたが、地域の皆さんのお役に立ててうれしいです」と話した。

 同団体は介護予防の知識普及などを目的に…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです