「SDGs」担い手へ、袖通す 再利用可能な素材制服 夕陽丘学園高、来年度から導入 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪夕陽丘学園高校が2021年度の新入生から導入するリサイクル可能な「SDGs制服」=大阪市天王寺区で2020年11月24日、加古信志撮影
大阪夕陽丘学園高校が2021年度の新入生から導入するリサイクル可能な「SDGs制服」=大阪市天王寺区で2020年11月24日、加古信志撮影

 私立大阪夕陽丘学園高(大阪市天王寺区)は2021年度から、リサイクル可能な素材を使った制服にリニューアルする。自然環境の保護などを目指す国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)の取り組みを進めており、「SDGs制服」として導入する。【野口由紀】

 同高は創立80年を迎えた19年以降、自然環境の保護や平和、公正の実現などをうたうSDGsの担い手を育てる活動を進め、世界的な課題につい…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集