特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選・世論調査のずれ トランプ氏を過小評価 メディア不信影響か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米民主党のバイデン前副大統領が勝利した2020年の大統領選は、事前の世論調査で劣勢とされた共和党のトランプ大統領が予想以上に善戦した。前回16年のようにトランプ氏が世論調査結果を覆して勝利した激戦州は減ったが、トランプ氏の得票力を過小評価する傾向は広がった。大手メディアに対し「フェイクニュース」とトランプ氏が繰り返したことで、共和党支持者がメディア不信を強め、世論調査に協力しないなどして精度に影響したとの指摘もある。

 前回選挙では、初の女性大統領を目指してトランプ氏と戦った民主党のヒラリー・クリントン元国務長官が世論調査結果とは逆に敗北しただけに、今年の世論調査が米国民の民意を正確に把握できるかどうかが注目されていた。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1490文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集