連載

「民間人」が見た戦地

太平洋戦争では若い女性や少年らが軍に雇われ動員された。軍人とは異なる形で「戦力」に組み込まれた人たちの証言に耳を傾ける。

連載一覧

「民間人」が見た戦地

/4止 インドネシア人の陸軍元兵補 殴打され服は麻袋 個人補償なく問題今も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
元兵補のルスディさん。「日本兵と一緒に戦った『ヘイホ』がいたことを忘れないで」と訴える=インドネシア中部ジャワ州タラックブロト村の自宅で(ルスディさん提供)
元兵補のルスディさん。「日本兵と一緒に戦った『ヘイホ』がいたことを忘れないで」と訴える=インドネシア中部ジャワ州タラックブロト村の自宅で(ルスディさん提供)

 インドネシア・ジャワ島中部にある古都ソロから北西に約30キロ。タラックブロト村で暮らすルスディさん(92)は太平洋戦争中、日本兵とともに連合国軍と戦った。日本軍が戦線拡大による兵力不足を補うため、占領した東南アジアの若者を武装させた「兵補」だった。大本営が置かれた東京から5600キロ離れた農村でルスディさんは訴える。「日本の皆さん、ヘイホがいたことを忘れないで」

 農家の5人兄弟の長男に生まれ、1943年、15歳の時に兵補になった。動機は「家計を楽にしたかったから」。先祖は植民地支配をするオランダにサトウキビの強制栽培をさせられ、祖父や父の世代も裕福ではなかった。米作りで生計を立てる中、土木工事の肉体労働や門番の倍以上という給与が魅力だった。理由はもう一つ。「連合国軍の憎いオランダ人と戦うためでもあった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1690文字(全文2053文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集