連載

感染症と闘う

病原体が体に侵入し、人の生命すら脅かす感染症。人類の脅威となった新型コロナウイルスを特集します。

連載一覧

感染症と闘う

コロナとがん 検診控えで診断に遅れか 国立がん研究センター検診研究部長・中山富雄さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中山富雄・検診研究部長=東京都中央区の国立がん研究センターで
中山富雄・検診研究部長=東京都中央区の国立がん研究センターで

 新型コロナウイルスの感染の拡大と減少が繰り返された今年、がん検診を手控え、受診率が低下するのではないかと懸念されている。シリーズ「感染症と闘う」の「コロナとがん」編最終回では、コロナ下でいかにがんに備えるのか、厚生労働省の「がん検診のあり方に関する検討会」の構成員を務めた国立がん研究センターの中山富雄検診研究部長に尋ねた。

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1327文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集