メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート 全日本選手権 高木美、3冠 勝って反省、好調の証し

 1000メートルを制して「3冠」に輝いた高木美が首をひねる。優勝タイム1分14秒02が気に入らない。「13秒の壁を超えられなかった。もっといけた」。勝ってまず反省が口を突くのは好調の証しだ。

 200メートル通過は18秒07とスタートダッシュに成功したが、そこから本来の伸びを欠いた。「動きの良さの割にキレがなかった」。自身の国内最高1分13秒73に届かなかった。

 2018年平昌五輪の1500メートルで銀、1000メートルで銅メダルを獲得し、以降も活動の幅を広げる。スピードをつけるために意欲的に500メートルに取り組む一方、スタミナ強化で長距離にも挑んできた。努力の成果を発揮し、前日に500メートルで、平昌五輪金メダルの小平を抑えて優勝。3000メートルでは自身の国内最高を更新した。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです