特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「希望が見えた」NPOが生活困窮者の相談会 宿泊先や食事提供も 大阪・西成

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急相談会で困窮した男性(手前)の話を聞く相談員の笠井亜美さん=大阪市西成区で2020年12月30日午後0時8分、山田尚弘撮影
緊急相談会で困窮した男性(手前)の話を聞く相談員の笠井亜美さん=大阪市西成区で2020年12月30日午後0時8分、山田尚弘撮影

 新型コロナウイルスの影響で生活が困窮した人を支える緊急相談会が30日、大阪市西成区で始まった。公的機関の支援が途切れがちな年末年始に、緊急の宿泊先や食事を無料で提供する。来年1月3日まで。

 大阪府内のNPO法人など約20団体でつくる「新型コロナ・住まいとくらし緊急サポートプロジェクトOSAKA」が主催。食料確保などの資金はクラウドファンディングで募った。

 会場を訪れた大阪市内の30代男性は、倉庫整理の仕事を先月解雇されて家賃が払えなくなり、ネットカフェを転々としてきた。この日は相談員の笠井亜美さん(35)の助言で、年明けまで簡易宿泊施設で過ごせるようになり、寮付きの仕事を探すことに。男性は「所持金が3000円ほどしかなく途方に暮れていた。希望が見えた」と話した。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文603文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集