特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

御所実が3回戦へ 国学院栃木との接戦制す 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【御所実-国学院栃木】後半、ゴール前のモールから御所実の須股が抜け出しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、津村豊和撮影
【御所実-国学院栃木】後半、ゴール前のモールから御所実の須股が抜け出しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、津村豊和撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合。御所実(奈良)が国学院栃木(栃木)との接戦を12―5で制し、3回戦に進んだ。

 御所実は1月1日の3回戦で東海大相模(神奈川)と対戦する。

   ◇

 御所実が少ない好機をものにし、逆転で接戦を制した。5点を追う後半9分、相手ゴール前でのモールからWTB須股が抜け出し、同点のトライ。ゴール成功で2点を勝ち越した。同28分にはラインアウトからモールを形成、そのまま約30メートルをドライブしSH登根がトライを決めた。国学院栃木は前半20分、相手陣5メートルラインでのラインアウトモールを押し込み先制トライを決めたが、その後は得点を奪えなかった。

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1204文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集