特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

大分東明が3回戦進出 目黒学院を25-12で降す 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大分東明-目黒学院】前半、スクラムから大分東明がパスをつなぎ浦川が独走トライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、平川義之撮影
【大分東明-目黒学院】前半、スクラムから大分東明がパスをつなぎ浦川が独走トライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、平川義之撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合。大分東明(大分)が目黒学院(東京第1)を25―12で降し、3回戦に進んだ。

 大分東明は1月1日の3回戦で中部大春日丘(愛知)と対戦する。

   ◇

 大分東明が堅守で上回った。前半9分、相手ゴール前のラックからNO8ブルが持ち出し先制トライ。3点リードの後半4分には、ラックから右に展開し、最後はWTBナコのトライで突き放した。目黒学院は前半26分にFW戦でトライを挙げ3点差としたが、後半は相手防御の前に決定力に欠…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文712文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集