特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

秋田工が3回戦進出 西陵を48-0で降す 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【秋田工-西陵】前半、秋田工の土肥がタックルを振り切りトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、久保玲撮影
【秋田工-西陵】前半、秋田工の土肥がタックルを振り切りトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、久保玲撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合。秋田工(秋田)が西陵(愛知第2)を48―0で降し、3回戦に進んだ。

 秋田工は1月1日の3回戦で大阪朝鮮(大阪第2)と対戦する。

   ◇

 秋田工が8トライを奪って大勝した。前半4分のWTB淡路の先制トライに続き、同15分にも密集から展開し再び淡路がトライを奪うと、前半だけでさらに2トライを挙げた。後半も攻撃の勢いは衰えず、NO8土肥の2トライなどで着実に得点を重ねた。西陵は後半に危険なタックルによるシンビン(一時的退出)でFW陣を一人欠き、相手の猛攻を食い止められなかった。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文901文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集