特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

石見智翠館が3回戦進出 初出場の四日市工敗退 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【石見智翠館-四日市工】前半、石見智翠館がモールで押し込み西岡がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、猪飼健史撮影
【石見智翠館-四日市工】前半、石見智翠館がモールで押し込み西岡がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合。石見智翠館(島根)が四日市工(東海・三重)を63―0で降し、3回戦に進んだ。

 石見智翠館は1月1日の3回戦で東福岡(福岡第1)と対戦する。

   ◇

 石見智翠館が11トライの猛攻で四日市工を圧倒した。前半3分、相手ゴール前5メートルのラインアウトからモールを押し込み、フッカー西岡が先制トライ。15分には中央付近のラックから右へ展開。WTB原田がトライを決めると、前半だけでさらに2トライを追加した。後半もSO中山のトライなどで得点を重ねた。四日市工は前半、風上の利点を生かして効果的に陣地を獲得したが得点できず、後半に力尽きた。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文786文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集