特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

京都成章が3回戦進出 早稲田実に33-0 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【京都成章-早稲田実】前半、京都成章がラックから展開し、森山(右)からパスを受けた堤が中央へトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、藤井達也撮影
【京都成章-早稲田実】前半、京都成章がラックから展開し、森山(右)からパスを受けた堤が中央へトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合。京都成章(京都)が早稲田実(東京第2)を33―0で降し、3回戦に進んだ。

 京都成章は1月1日の3回戦で尾道(広島)と対戦する。

   ◇

 京都成章は前半5分、相手ゴール前でのスクラムからつなぎ、ロック本橋のトライで先制。27分にもラックを起点に、ロック堤がトライを奪った。後半はWTB中川が長い距離を走り切った2本を含め、バックス陣で3トライと着実に加点した。早稲田実は風上に立った後半は攻め込んだが、PG失敗などもあり、相手の堅い防御を崩せなかった。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文949文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集