特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

“エンジョイラグビー” 花園にフィジー旋風 大分東明「歴史を変えた」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大分東明-目黒学院】後半、大分東明のナコが独走トライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、久保玲撮影
【大分東明-目黒学院】後半、大分東明のナコが独走トライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、久保玲撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦16試合。2大会連続2回目出場の大分東明(大分)は、3大会ぶり19回目出場の目黒学院(東京第1)を25―12で破った。

 初出場した前回大会から、一つ階段を上った。「エンジョイラグビー」を掲げる大分東明が、1970年代を中心に5回の全国制覇を成し遂げた古豪・目黒学院(当時は目黒)を破り、初の3回戦進出。フィジー人留学生を中心とした自由奔放なラグビーでシード校を破り、花園に新たな風を吹き込んでいる。

 10点をリードして迎えた後半9分、留学生コンビによるプレーは「エンジョイラグビー」の象徴だった。相手陣右中間40メートル付近でのスクラムを起点に、NO8ブルが右に流れながらアタック。下半身にタックルを受けつつ、相手選手を引きつけた上で右サイドに片手でパスを放った。勢いよくサポートに走り込んだWTBナコがキャッチし、防御のすき間を突破。そのままインゴールまで走り切った。「練習通り」とブルは自信をに…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文906文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集