特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

なぜ止まらない 御所実の「日本一遅いモール」 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第100回全国高校ラグビー大会の国学院栃木との2回戦でモールを組んで前進する御所実=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、本紙特約・中村真一郎撮影
第100回全国高校ラグビー大会の国学院栃木との2回戦でモールを組んで前進する御所実=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、本紙特約・中村真一郎撮影

 なぜ、止まらないのか。相手が警戒しても、塊はゆっくりと前へ前へと突き進んでいく。東大阪市花園ラグビー場で開催されている第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)で3回戦に進んだ前回大会準優勝校、御所実(奈良)のモール。現在はテンポ良くボールを動かす展開ラグビーが主流だが、御所実の「日本一遅いモール」は、大きな得点源だ。

 30日に行われた国学院栃木との2回戦では、2点リードの試合終了間際に威力を発揮した。相手陣40メートル付近で得たラインアウトからモールを形成すると、じりじりと前進するFWにバックスも加わり、大きなうねりとなった。右に左に重心をずらしながら、押し戻そうとする相手の圧力を無力化した。1分以上かけて進んだ「14人モール」は、最後にSH登根大斗(3年)がインゴールへ。勝負を決するトライが生まれ、12―5で勝利した。

 試合前、国学院栃木の吉岡肇監督は「まともにモールを作らせちゃったら、止めるには反則しかない。自陣でラインアウトという場面をいかに作らないか」と対策を練っていた。それでも防ぎ切れず、主将のSH細矢聖樹(3年)は「押されて止められなかった」と嘆くしかなかった。

原点は「ウサギとカメ戦法」

 伝統のモール攻撃が生まれた背景には、チームの歴史が深く関わっている。1989年に赴任した竹田寛行監督は、部員2人からチームをスタート。熱心な勧誘で集まった部員たちと花園を目指し、熱血指導で強化に励んだ。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1267文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集