特集

第100回高校ラグビー 報徳学園(兵庫)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する報徳学園(兵庫)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

2回戦 関学、最後まで粘り 先制するも敗退 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【流通経大柏-関西学院】前半、関西学院の川村がタックルを引きずり突進=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、藤井達也撮影
【流通経大柏-関西学院】前半、関西学院の川村がタックルを引きずり突進=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、藤井達也撮影

 東大阪市花園ラグビー場で開催されている第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)は第3日の30日、5大会ぶりに出場した県代表の関西学院が2回戦で前回大会8強の流通経大柏(千葉)と対戦し、7―26で敗れた。前半は開始まもなく先制のトライを奪ったが、後半に押し切られ力負けした。体格で上回る相手に試合終盤まで鋭いタックルで応戦し、粘り強い関学ラグビーを印象づけた。【韓光勲】

 流通経大柏は7点を追う前半20分、ゴール前のラックからフッカー当真が右に持ち出してトライ。ゴールも決まって同点とした。後半7分、ゴール前右中間のラックからNO8ディアンズのトライで勝ち越すと、24分、30分にもトライを奪って突き放した。関西学院は前半3分、相手ゴール前5メートルのラインアウトからモールを押し込み、フランカー甲斐のトライで先制。その後も鋭い出足で互角に渡り合ったが、及ばなかった。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文999文字)

あわせて読みたい

注目の特集