特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-佐藤康光九段 第24局の7

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

羽生、大きな2勝目

 [後]6四銀(図)では、[後]6五金と打つのが正着だったという。最大のメリットは[後]7六金と銀を補給して迫れる点。本譜と同じように[先]7一銀不成[後]同金[先]6一と、と進んだとき銀の合駒を使っても詰めろを維持できるのが大きい。

 実戦の[後]6四銀は、[先]6一とに対して合駒を使ってしまうと、先手玉への詰めろが消えてしまうので[先]7一とを間に合わされて後手負け。そこで佐藤は[後]5二歩~[後]6二金引と技を使ったが、羽生が[先]6二同竜と踏み込んで形勢逆転。先手玉は中段で安定し、[先]6三歩で明快に一手勝ちの形になった。

 がくり――。肩を落とした佐藤の姿が痛々しかった。無念さを隠さず、その後も指し続けた。羽生は手を震わせながら、連続王手で迫った。[先]7二角打(終了図)を見て、佐藤が座り直して投了を告げた。以下[後]6四玉[先]5五銀[後]同玉[先]5六金[後]6四玉[先]4四飛と追って並べ詰み。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文836文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集