中国・EUが投資協定 規制緩和など、来年の発効目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 欧州連合(EU)と中国が30日、投資促進のための規制緩和を盛り込んだ投資協定に合意した。協定によってEUは中国市場への参入加速を目指す一方、中国は多国間の経済連携枠組みに積極的な姿勢を示すことで国際的なルール作りで発言力を強める狙いがある。域内・国内手続きを経て、2021年早期の発効を目指す。

 協定では、中国に進出するEU企業の合弁要件の緩…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集