メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

森山花鈴さん=日本自殺予防センター事務局長

森山花鈴(もりやま・かりん)さん(39)

 日本自殺予防学会が9月、研究や活動を社会に役立てようと日本自殺予防センターを設立し、その事務局長に就いた。今後、自殺対策にあたる人材育成のため自治体職員の研修などに取り組む。「海外の団体とも交流し、最新の情報を発信したい」と語る。

 大学で政治学を学び、「テロや戦争のない平和な世界を作りたい」と国連職員を目指していた。ある日、報道で自死遺族の思いを知った。平和なはずの日本で当時、年間3万人以上が自殺していた。「国内の問題に目を向けよう」。高校時代、親友が自ら命を絶った時の心の痛みも胸の奥にあった。

 自殺対策について大学院で研究し、予防に取り組む東京のNPO法人のスタッフとしても活動。経験を政策に生かそうと内閣府自殺対策推進室(当時)で約4年間、勤務した。東日本大震災の被災地での自殺リスク低減のため、ストレス対処法の冊子を作成した。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです