メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

ミトコンドリアで病状把握も パーキンソン病の放出現象発見 阪大

 <ピックアップ>

 全身の震えや筋肉が硬くなる症状が特徴のパーキンソン病で、機能不全に陥った細胞内小器官「ミトコンドリア」を細胞外へ放出して処理する新たな現象を見つけたと、大阪大などの研究チームが発表した。ミトコンドリアは病気の状態に関わっており、放出されると脳脊髄(せきずい)液に関連たんぱく質が含まれるようになるため、この量を調べることで発症や病気の進行度合いを客観的に調べられるようになる可能性があるという。

 パーキンソン病は神経変性疾患の一種で、50~60代で発症することが多い。国内の患者数は15万~20万人とみられ、増加傾向にある。認知症の一つ、アルツハイマー病に次いで多い神経変性疾患として知られる。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです