メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート 全日本選手権 高木美、全5種目V 美しい無音の滑り

 最終種目の5000メートル。静まりかえった無観客の会場で、滑らかなスケーティングで音を立てずに高木美が周回を重ねた。後半までペースを落とさず、2010年以降約11年破られなかったリンク記録を0秒23更新する好タイムを記録。練習でもしばらく滑っておらず「目が回る」ほど疲労し、あおむけに倒れ込んだ。

 5種目で争う形式に変更されて初めての全日本選手権で完全制覇の5冠を達成。その極意は、音のない滑りにある。姿勢が低く、力感のないフォームはしなやかで美しい。

 日体大時代に指導した青柳徹監督は「股関節が柔らかく、全身を連動させてロスなく力を伝えられる」と解説する。無駄のないフォームで、3000メートルを越えても出場選手で唯一、終盤まで400メートルのラップで33秒台を維持。最長距離の5000メートルでも力を発揮した。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです