特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

流通経大柏26-7関西学院 流通経大柏、FW結束 窮地で覚醒、逆転勝ち

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【流通経大柏-関西学院】前半、ゴール前のラックから流通経大柏の当真が持ち込みトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、猪飼健史撮影
【流通経大柏-関西学院】前半、ゴール前のラックから流通経大柏の当真が持ち込みトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月30日、猪飼健史撮影

第3日(30日・東大阪市花園ラグビー場)

 ラグビーは一つのプレーで流れががらっと変わることがある。重量FWを誇る流通経大柏は、スクラムで劣勢をはね返した。

 シード校の関西学院に序盤からモールを押し込まれて先制を許し、その後もじわじわと攻め込まれた。前半10分過ぎには、自陣ゴール前で相手ボールスクラムのピンチを迎えた。ここでFW8人の平均体重99・0キロを誇る今大会屈指の重量FWが覚醒した。「勝負を決めるのはFW」(フッカー当真)と結束し、一気に押し込んだ。たまらず関西学院FWはスクラムを故意に崩す反則を犯した。窮地を脱した選手たちは雄たけびを上げた。

 勢いづいたチームは前半20分、ゴール前のラックから当真がトライを決め、ゴールも成功して同点に。後半に入るとタックルは徐々に鋭さを増し、スクラムの優位も揺るがない。7分にNO8ディアンズのトライで勝ち越すと、最後まで主導権を渡さなかった。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文764文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集