岡山初のストリートピアノ、年内で撤去 コロナで客足遠のく 騒音の苦情も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
年内いっぱいで終了するストリートピアノ=岡山市北区駅前町1で2020年12月23日午前10時3分、益川量平撮影
年内いっぱいで終了するストリートピアノ=岡山市北区駅前町1で2020年12月23日午前10時3分、益川量平撮影

 JR岡山駅近くの複合施設「イコットニコット」(岡山市北区駅前町1)に2019年9月に岡山県内で初めて導入された「ストリートピアノ」が、年内いっぱいで撤去されることが決まった。音楽好きの人たちの交流によるにぎわい創出などを狙っていたが、担当者は「コロナ禍以降、客足が遠のいてしまった。閑散とした施設内にピアノの音が響くと、苦情も入ることがあった」と説明している。

 ストリートピアノは駅や空港、街頭など公共の場に設置され、誰もが自由に弾けるピアノを指す。国内外で広く普及しており、イコットニコット内でも、1階入り口付近に設置された当初は地元のテレビ局と連携した音楽イベントが開催されるなど、盛り上がりを見せていた。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文466文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集