床の輝き際立つ静けさ 訪日客消えた新千歳空港国際線ターミナル

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
発着便がなく閑散とする新千歳空港国際線ターミナル=北海道千歳市で2020年12月27日、貝塚太一撮影
発着便がなく閑散とする新千歳空港国際線ターミナル=北海道千歳市で2020年12月27日、貝塚太一撮影

 昨年1年間で北海道内を訪れたインバウンド(訪日外国人)は、観光庁によると約239万人。外国語が飛び交う観光地のにぎわいは今年すっかり消えた。

 空の玄関口、新千歳空港の国際線ターミナルは、例年なら混雑する年末にもかかわらず閑散としていた。運営する北海道エアポートによると、3月26日から国際線の旅客便…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集