核のごみは世界の課題 もっと関心を ジャーナリスト、カルメン・グラウさん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カルメン・グラウさん=本人提供
カルメン・グラウさん=本人提供

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場選定に向け、北海道の寿都町と神恵内村で初めて文献調査が始まった。現地を取材した外国人ジャーナリストの目にどう映ったのか。日本の社会問題を海外に発信しているカルメン・グラウさん(36)に話を聞いた。

    ◇

 ――なぜ文献調査の問題を取材しようと思ったのですか。

 ◆核のごみの処分は、日本だけでなく世界共通の問題です。しかも身近に感じることが難しいからこそ、今起きていることを広く伝える必要があると思いました。現地の人がどう考えているかも知りたかったのです。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1244文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集