メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下が新年ビデオメッセージ 雅子さまも同席 一般参賀中止受け

新年に合わせた国民向けビデオメッセージの収録に臨まれる天皇、皇后両陛下=東京都港区の赤坂御所で2020年12月28日(宮内庁提供)

 宮内庁は1日、新年に合わせた天皇陛下のビデオメッセージを公表した。陛下は新型コロナウイルスの感染拡大に直面する国民に対し、「安心して暮らせる日が遠くない将来に来ることを信じ、互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んでいくことを心から願っています」と呼びかけられた。

 陛下が国民に向けてビデオメッセージを出すのは初めて。皇居での新年一般参賀が中止となり、恒例のおことばがなくなったことを踏まえて決めた。

 住まいの赤坂御所(東京都港区)で収録した映像は6分45秒にわたり、皇后雅子さまも同席した。陛下はメッセージの大半を新型コロナを巡る国民への思いに充てた。これまでの状況を「困難と試練」と位置づけ、犠牲者の家族に「お悲しみもいかばかりか」と哀悼の意を示した。医療従事者への敬意と感謝の意を改めて表し、経済的困窮者や、差別や偏見を受けている感染者らを案じた。

 陛下は「感染拡大防止と社会経済活動の両立の難しさを感じます」とも述べ、「感染症が収まり、再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています」と話しかけた。メッセージでは2020年7月の九州豪雨の犠牲者遺族や被災者らを心配する気持ちも示した。

 皇后さまは「皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします」と述べた。

 新年の天皇、皇后による歌の公表は、20年は主要な地方訪問がなく、見送られた。1日に両陛下が皇居・宮殿で皇族や三権の長、各国大使らから新年のお祝いを受ける「新年祝賀の儀」は規模を縮小して行われる。

 天皇の国民向けビデオメッセージは、上皇さまが2度行っているが、皇后が同席するのは初めて。小田部雄次・静岡福祉大名誉教授(近現代皇室史)は「両陛下が国民生活を深く心配していることが伝わってくる」とした上で、「象徴天皇制では国民との直接の交流が極めて重要で、ビデオメッセージは極めて異例の手段。陛下は即位から日も浅く、コロナ収束後には皇后さまと積極的に各地に出向いてほしい」と話した。【和田武士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです