特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ入院問い合わせ、大みそかも電話やまず 大阪「現場はギリギリ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大みそかも新型コロナウイルスの陽性者の対応に追われる大阪府入院フォローアップセンター=大阪市中央区で2020年12月31日午後2時半、木葉健二撮影(画像の一部を加工しています)
大みそかも新型コロナウイルスの陽性者の対応に追われる大阪府入院フォローアップセンター=大阪市中央区で2020年12月31日午後2時半、木葉健二撮影(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの感染拡大がやまず、陽性患者の受け入れ先を調整する大阪府の「入院フォローアップセンター」では、大みそかの31日も医師や府職員らが連絡や対応に追われた。大阪では12月の累計死者数が259人と過去最多だった11月の78人の3倍以上になり、スタッフからは「これ以上、感染者が増えると医療崩壊が生じかねない」との声が漏れ、緊迫感が漂った。

 センターは2020年3月に府庁内に設置された。保健所や病院の情報を基に患者の容体を「重症」から「無症状」までの4段階に分け、病院や宿泊施設などに振り分ける司令塔の役割を担っている。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文523文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集