連載

非密のしが巡り

琵琶湖をはじめとする自然、歴史文化遺産に恵まれた滋賀を、「密」を避けながら巡ってみた。

連載一覧

非密のしが巡り

旅行スタイル消費より体験へ 健康志向、一層強まる 滋賀大教授・石井良一さん(65) /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える石井良一教授=滋賀県彦根市馬場1の滋賀大で2020年12月11日午後2時24分、伊藤信司撮影
インタビューに答える石井良一教授=滋賀県彦根市馬場1の滋賀大で2020年12月11日午後2時24分、伊藤信司撮影

 <非密(HIMITSU)のしが巡り>

 新しい旅行スタイルとして注目される「ウエルネスツーリズム」について、滋賀大産学公連携推進機構の石井良一・社会連携センター長(65)に聞いた。

 Q どんな旅でしょうか。

 A 日本では団体で物見遊山をする旅が主流でしたが、近年は個人単位で、モノ(買い物など)よりもコト(体験)を重視するスタイルが広がってきました。そんな中で世界的にも期待を集めるのがウエルネスツーリズムです。自然散策、ヨガ、瞑想(めいそう)、フィットネス、温泉などを通して地域の資源に触れ、明日への活力を得ようという考え方です。滋賀大では2019年度から社会人向けに人材養成講座を開いています。

 Q 今後の観光業はどうなっていくでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文823文字)

あわせて読みたい

注目の特集