連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

コロナ感染者1300人超 都、漂う手詰まり感 確保の4000床超える試算

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
報道陣の取材に応じる小池百合子都知事=都庁で31日午後2時37分、古関俊樹撮影
報道陣の取材に応じる小池百合子都知事=都庁で31日午後2時37分、古関俊樹撮影

 新型コロナウイルスのかつてない感染拡大が首都圏を中心に続き、東京都では31日、1日当たりの感染者数が1300人を超えた。都内では飲食店の営業時間短縮を延長するなど対策を強化してきたが、感染の収束は見通せない。逼迫(ひっぱく)する医療提供体制は、年末年始を挟み綱渡りを強いられている。

 「(医療提供体制が)破綻の危機にひんする可能性が非常に高い」。2020年12月30日、都モニタリング会議に出席した都医師会の猪口正孝副会長は危機感をあらわにした。会議では、現在のペースで感染者が増えれば、同29日時点で2274人だった入院患者数は、2週間以内に都が確保を見込んでいる病床数(4000)を超える試算も公表された。

 都は11月以降、感染者の急増を見越して1日あたりの感染者が1000人になっても患者を受け入れられるよう体制を整備してきた。新型コロナ患者用のベッドは4000床を確保するよう医療機関に要請し、65歳以上は原則入院としていた基準を変えて、基礎疾患がなく軽症や無症状なら70歳未満は宿泊施設での療養も可能にした。ただ、あの手この手で確保した病床数を感染者数が上回りかねないのが現状といえる。

この記事は有料記事です。

残り1831文字(全文2330文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集