メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下、ビデオメッセージ 「安心できる日信じ」

 宮内庁は1日、新年に合わせた天皇陛下のビデオメッセージを公表した。陛下は新型コロナウイルスの感染拡大に直面する国民に対し、「安心して暮らせる日が遠くない将来に来ることを信じ、互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んでいくことを心から願っています」と呼びかけられた。

 陛下が国民に向けてビデオメッセージを出すのは初めて。皇居での新年一般参賀が中止となり、恒例のおことばがなくなったことを踏まえて決めた。

 住まいの赤坂御所(東京都港区)で収録した映像は6分45秒にわたり、皇后雅子さまも同席した。陛下はメッセージの大半を新型コロナを巡る国民への思いに充てた。これまでの状況を「困難と試練」と位置づけ、犠牲者の家族に「お悲しみもいかばかりか」と哀悼の意を示した。医療従事者への敬意と感謝の意を改めて表し、経済的困窮者や、差別や偏見を受けている感染者らを案じた。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです