崩れた安全神話 「脱原発依存」で新産業創出を 会田・前新潟県柏崎市長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
前柏崎市長の会田洋さん
前柏崎市長の会田洋さん

 中越沖地震と東日本大震災。柏崎刈羽原発の立地市長として二つの災害を経験した前新潟県柏崎市長の会田洋さん(73)に、当時の対応や、原発に対する考えを聞いた。【内藤陽、井口彩】

 --原発に対する考えに変化は?

 ◆市長に就任した時、1号機の運転開始から19年たっていた。地元には原発を巡る推進と反対の長い抗争の歴史があり、市民が一つにまとまりにくい状況が今も続いている。就任までは大きな事故もなく、市長としては「あくまでもまちの安全性を確保しながら、原発と共存する」というスタンスだった。

 しかし福島第1原発事故が大きな転機になった。原発は安全で事故もないとされてきたが、実はそうではなかったことが誰の目にも明らかになり、市民の意識も大きく変わった。それからは「安全性を第一にしながら原発を徐々に減らし、将来的には原発に依存しないまちにしなければいけない」と考えるようになった。

この記事は有料記事です。

残り3626文字(全文4013文字)

あわせて読みたい

注目の特集