AI駆使 “コロナ後”の壮大な計画始動 トヨタの実証都市「ウーブン・シティ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウーブン・シティのイメージ=トヨタ自動車提供
ウーブン・シティのイメージ=トヨタ自動車提供

 富士山のふもと、静岡県裾野市で2月、暮らしを支えるモノやサービスが情報通信技術でつながる実証都市「ウーブン・シティ」が着工される。トヨタ自動車がNTTなどと連携し、東京ドーム15個分にも及ぶ広大な敷地に築く。人が暮らしながら自動運転やロボットなど先端技術を検証。“コロナ後”の暮らしを現実化してみせる壮大な計画が始動する。

 トヨタ自動車東日本の東富士工場跡地に建設。「ウーブン」は「織られた」の意で、道が網の目のように織り込まれた街だ。先端技術で環境に配慮したスマートシティーの実現をはかる。企業や研究者が幅広く参加。通信システム搭載のコネクテッドカー(つながる車)や自動運転などの分野をはじめ、AI(人工知能)などの技術検証を進める。初めは高齢者や子育て世代の家族ら360人程度が住むことを想定している。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文933文字)

あわせて読みたい

ニュース特集