ニューイヤー駅伝 富士通12年ぶり日本一 前回の屈辱で「団結」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする富士通のアンカー浦野雄平=前橋市の群馬県庁前で2021年1月1日、宮武祐希撮影
1位でフィニッシュする富士通のアンカー浦野雄平=前橋市の群馬県庁前で2021年1月1日、宮武祐希撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、富士通が12年ぶり3回目の優勝を果たした。1区・松枝博輝の区間賞で流れに乗ると、2、3区で上位をキープ。4区終盤で中村匠吾がスパートを決めてトップに立ち、そのまま逃げ切った。

 「なぜ、この場にいないのか」。1年前、屈辱の思いを抱えて自宅のテレビでニューイヤー駅伝を見ていた富士通の選手たち。「団結」を掲げて日本一をつかみ取った。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文746文字)

あわせて読みたい

注目の特集