メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝 SGHの34歳佐藤、エース区間で14人抜きの快走

SGホールディングスグループ5区の湯沢舜(右)にたすきをつなぐ4区の佐藤悠基=群馬県太田市で2021年1月1日、宮武祐希撮影

[PR]

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)が1日、群馬県内で行われた。各チームのエースが集う最長4区(22・4キロ)は、佐藤悠基(SGホールディングスグループ)が1時間4分0秒で区間賞を獲得した。

 強烈で冷たい向かい風に各チームの選手が顔をしかめる区間終盤。上州路の名物「赤城おろし」にもサングラス姿の佐藤は顔色を変えず淡々としていた。34歳のベテランは区間記録まで3秒に迫り、14人を抜く走りで、チームを4区終了時点で6位まで押し上げた。

 「(区間記録まで)あと3秒というのは終わってから知った。途中、休んで(ペースを落として)走ったのでもったいないことした。あと5秒以上は何とかなった」。たすきを受けると、他チームの選手の背中をひたすら目指し、追いついてはかわしていくことを繰り返した。「ちょうど良い間隔で前に選手がいたので、良いリズムで走ることができた」と話す。区間賞は、同じく4区を走った2012年以来だ。

 昨年11月、日清食品グループから移籍した。指導者としての自らの今後を考え、「選手兼任アドバイザー」として、若手に交じって汗を流す。「助言をどのようにしたら良いのかを考えることで、自分にも新しい気付きがある。プラスになっている」と新たな環境で手応えを得ている。

 長野・佐久長聖高、東海大と駅伝の名門を経て、12年ロンドン五輪では、5000メートルと1万メートルの代表となった。チームには自身より年下の東海大OBも多数在籍する。「アドバイスするからには、結果を出さないと説得力がない。この年になってもやれるということを示せたかな」。老け込むどころか、更に進化する可能性を示す新春の快走だった。【倉沢仁志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです