ニューイヤー駅伝 SGHの34歳佐藤、エース区間で14人抜きの快走

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
SGホールディングスグループ5区の湯沢舜(右)にたすきをつなぐ4区の佐藤悠基=群馬県太田市で2021年1月1日、宮武祐希撮影
SGホールディングスグループ5区の湯沢舜(右)にたすきをつなぐ4区の佐藤悠基=群馬県太田市で2021年1月1日、宮武祐希撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)が1日、群馬県内で行われた。各チームのエースが集う最長4区(22・4キロ)は、佐藤悠基(SGホールディングスグループ)が1時間4分0秒で区間賞を獲得した。

 強烈で冷たい向かい風に各チームの選手が顔をしかめる区間終盤。上州路の名物「赤城おろし」にもサングラス姿の佐藤は顔色を変えず淡々としていた。34歳のベテランは区間記録まで3秒に迫り、14人を抜く走りで、チームを4区終了時点で6位まで押し上げた。

 「(区間記録まで)あと3秒というのは終わってから知った。途中、休んで(ペースを落として)走ったのでもったいないことした。あと5秒以上は何とかなった」。たすきを受けると、他チームの選手の背中をひたすら目指し、追いついてはかわしていくことを繰り返した。「ちょうど良い間隔で前に選手がいたので、良いリズムで走ることができた」と話す。区間賞は、同じく4区を走った2012年以来だ。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文756文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集