特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

東海大大阪仰星8強 全トライに絡んだ104キロのファンタジスタ 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大大阪仰星-長崎北陽台】前半、ラックからボールを出し、東海大大阪仰星の倉橋が飛び込んでトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月1日、猪飼健史撮影
【東海大大阪仰星-長崎北陽台】前半、ラックからボールを出し、東海大大阪仰星の倉橋が飛び込んでトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月1日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は1日、東大阪市花園ラグビー場で3回戦8試合。2大会連続20回目出場でシード校の東海大大阪仰星(大阪第1)は、3大会連続19回目出場の長崎北陽台を22-7で破った。東海大大阪仰星のNO8倉橋歓太(3年)は、2トライの活躍を見せた。

 104キロの巨体に似合わぬ「ファンタジスタ」ぶりを披露した。巧みなパスと突破力で全トライに絡む活躍。「ここで喜んだら、足をすくわれる」。満面の笑みとは対照的に控えめに喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文817文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集