ニューイヤー駅伝 連覇ストップの旭化成、区間賞ゼロ「力負け」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一斉にスタートする「ニューイヤー駅伝」1区の選手たち=前橋市の群馬県庁前で2021年1月1日午前9時15分、宮武祐希撮影
一斉にスタートする「ニューイヤー駅伝」1区の選手たち=前橋市の群馬県庁前で2021年1月1日午前9時15分、宮武祐希撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間、100キロのコースで行われ、5連覇を目指した旭化成は3位に終わった。

 富士通に1分40秒の大差をつけられ、連覇が4で止まった旭化成の宗猛総監督は「富士通が強かった。区間賞ゼロでは力負け。(故障で欠場の)相沢がいても勝てたかどうか分からない」と潔く完敗を認めた。

 3区終了時点で、マークしていたトヨタ自動車、富士通より前の2位。後半に強い旭化成の勝ちパターンと見られた。しかし、4区の残り3・5キロで、鎧坂が競り合っていた富士通の中村匠のスパートに振り切られ、18秒のリードを許したことで流れを失った。4連覇中は、5~7区の全選手が区間1、2位と好走してきたことが旭化成の強さの源だったが、今回は追いかける焦りから失速。区間順位は5区・村山謙が4位、6区・小野が…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文764文字)

あわせて読みたい

注目の特集