特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

流通経大柏「勝つマインドのみ」ラストワンプレーの劇的トライ 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【流通経大柏-常翔学園】試合終了間際、ゴール前のPKから流通経大柏のディアンズ(中央)が飛び込み、トライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月1日、藤井達也撮影
【流通経大柏-常翔学園】試合終了間際、ゴール前のPKから流通経大柏のディアンズ(中央)が飛び込み、トライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月1日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は1日、東大阪市花園ラグビー場で3回戦があり、26大会連続28回目出場の流通経大柏(千葉)が21―17で、6大会連続39回目出場の常翔学園(大阪第3)に競り勝った。

 赤に金色模様のジャージーの選手たちが、まるで優勝したかのように喜びを爆発させた。3点を追う後半ロスタイム。流通経大柏が「ラストワンプレー」で決めた劇的な逆転トライ。喜びの輪の中心にいたのは、201センチ、118キロのNO8ディアンズだ。

 相手ゴール前5メートルの位置でPKを得た。「俺がいく」。円陣でディアンズが力強く宣言した。後半5分に危険なプレーでシンビン(一時的退出)となり、その間に勝ち越しトライを許していた。「(シンビン中は)時間が遅く感じた。ここで決めないと負けたら俺のせいだ」。すさまじい突進で常翔学園の選手をなぎ倒し、抱えたボールをインゴールに持ち込んだ。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文761文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集