メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝 一丸となったタレント集団・富士通「駅伝の借りは駅伝で」

4区、先頭に出て後続を引き離す富士通の中村匠(右端)=群馬県太田市で2021年1月1日、吉田航太撮影

[PR]

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間、100キロのコースで行われ、富士通が12年ぶり3回目の優勝を果たした。戦いの舞台にすら立てなかった前回の悔しさがチームを一つにした。

 勝負の分かれ目はエース区間の4区終盤。富士通の中村匠は、仕掛けるタイミングをうかがっていた。中盤から三菱重工と旭化成と競り合う展開にも、「最低でも15秒のリードが欲しい」という福嶋正監督の言葉が中村匠の頭にあった。残り3・5キロ地点の交差点を曲がれば、冷たい向かい風が強く吹き付けるコース。スパートをかけるには距離を残していたが、ライバルを突き放すには「ここから行くのがベスト」。猛スパートをかけ、2位に18秒差をつけて5区・塩尻にたすきをつないだ。

富士通・5区の塩尻和也(手前)にたすきをつなぐ4区の中村匠吾=群馬県太田市で2021年1月1日、宮武祐希撮影

 中村匠が引き寄せた流れを、後輩たちも必死に守った。塩尻が「とにかく追いつかれず、差を広げる」と走れば、実業団で初駅伝の6区・鈴木も「昨年は予選にも出られなかった。今年は何としてもチームに貢献する」とトップを守り、最終7区の浦野につなげた。新人らしくのびのびと走って差を広げた浦野が右手で大きくガッツポーズをしてフィニッシュすると、選手とスタッフは笑顔で迎えた。鈴木、浦野に加え、1区の松枝も区間賞。福嶋監督は「最高の勝ちパターン。駅伝の借りは駅伝でしか返せない」と喜んだ。

1位でフィニッシュする富士通のアンカー浦野雄平=前橋市の群馬県庁前で2021年1月1日、宮武祐希撮影

 前回は1990年の創部以来初の予選敗退。東京オリンピックを目指す選手が別々に遠征や練習を行わざるを得ず、駅伝に向けた調整が足りなかった。その反省から「チームの一体感」を求め、練習やミーティングを工夫した。

 東京五輪マラソン代表の中村匠をはじめ、世界大会の代表経験者などタレントぞろいのチームが、衝撃の予選敗退を経験して手に入れた「団結力」。名門復活を果たし、中村匠は「連覇していける強いチームになりたい」と誓った。【円谷美晶】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです