メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今を生きる、今を書く

/4 オリンピックの原点回帰=町田樹

研究室の窓辺に立つ町田樹さん=横浜市で2020年12月22日、小川昌宏撮影

 2020年、東京オリンピック・パラリンピックが予定されていた一世一代の節目の年は、新型コロナウイルスで始まりコロナウイルスで終わってしまった。そのような前代未聞の1年が幕を閉じ、また新たにスタートする本年が平穏な日常を復元してくれることを願ってやまない。

 今夏には延期された東京五輪が控えている。開催まで約7カ月と迫ったこの期に及んでも、誰一人として当初の通り盛大に開催できると手応えをつかんでいる者はいないだろう。だが、ここで考えてみてほしい。この有事にそもそもオリパラを…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです