青学大・原監督「ゲームオーバー」 王者まさかの12位 二つの誤算

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
往路12位でフィニッシュする青学大の竹石(右)=神奈川県箱根町で2021年1月2日
往路12位でフィニッシュする青学大の竹石(右)=神奈川県箱根町で2021年1月2日

 第97回東京箱根間往復大学駅伝で13年連続26回目出場の青山学院大は、5時間35分43秒で往路12位となった。トップの創価大とは7分35秒差。スタート時に2キロ以上先を行く相手を追いかけることは容易ではなく、前年王者がまさかのシード圏外の順位で復路に臨む。

 青学大が芦ノ湖畔に姿を見せたのは、次回大会シード圏外の位置となる12番目。往路の2桁順位は16位だった2011年大会以来で、原晋監督は「ゲームオーバーですね。(総合)優勝を目指すと言えばうそになる」と白旗を揚げた。

 誤算が二つあった。主将でチームの精神的支柱、神林勇太(4年)が離脱。3区での起用を描いていたリーダーの故障は昨年12月28日に判明し、原監督は「支えが無くなった時に挽回するだけの体力、精神力がチームに無かった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文767文字)

あわせて読みたい

注目の特集