メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創価大「選手が純粋に努力した結果」 初の往路優勝 全区間ぶれずに堅実に

5区、坂道を力走する創価大・三上=神奈川県箱根町で2021年1月2日(代表撮影)

[PR]

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走は2日、東京・大手町―神奈川・箱根町の往路5区間107・5キロに21チーム(オープン参加の関東学生連合を含む)が参加して行われ、創価大が初の往路優勝を果たした。

5区、独走する創価大・三上=神奈川県箱根町で2021年1月2日(代表撮影)

 他大学を追う場面も、単独で走る場面も、創価大の選手たちはぶれずに淡々と走り続けた。全員が区間6位以内という堅実な走り。榎木和貴監督が「全く予想していなかった」という強さを発揮し、「優勝候補」と目される強豪校を大差で退けて往路を制した。

 前回大会はアンカーで区間賞を獲得し、初のシード権獲得の立役者となった嶋津雄大(3年)。今回は4区を任され、34秒差の2位でたすきを受けると「1位が見えて気持ちが上がった」と前を追った。6キロ手前で先頭に立つと、そのままハイペースを維持してたすきをつないだ。

 「あとは1位でゴールまで持って行くだけ」。5区・三上雄太(3年)は優勝を確信して走り出した。実は昨年11月、箱根の山で行われた「激坂最速王決定戦2020@ターンパイク箱根」の登りの部(13・5キロ)で優勝し、山上りへの適性は十分。前回は控えに回った三上にとって初の箱根路だったが、最初から最後まで表情を変えることなく「一人旅」を続けた。苦手とする下り坂も「怖さはあったが、足を壊す勢いでしっかり下った」と2位との差を広げてフィニッシュした。

 2015年に初出場し、4度目の箱根路での快挙。就任2年目の榎木監督は「調整からしっかりはまったのかな。秘密は無く、選手が純粋に努力した結果」と話す。新型コロナウイルスの影響で出雲駅伝が中止となり、全日本大学駅伝は持ちタイムが及ばず出場できなかった。「箱根総合3位」の目標を掲げる榎木監督は「(復路は)先頭を走る喜びを楽しみながら、残り5区間の選手が走ってくれればいい」。気負わずのびのびと、新しい歴史を作りにいく。【円谷美晶】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです